木材加工事業 木材加工部門の紹介

村上市森林組合の大きな特徴の一つとして、小径木を利用した木製品を製造する木材加工部門があげられます。
その販売チャンネルは幅広く、公共工事を中心とした様々なニーズに対応しており、新潟県内では最大規模、東北南部・隣県でも主要な小径木工場であると自負するところです。

主な営業品目としては次に掲げる3つです。

  • 丸棒加工

    最小径φ60~最大径φ300まで約10~20㎜間隔で、20種ほどの刃物径があります。これらを活かすべく丸太の積極買い付けを行い、震災や河川などの復旧工事をはじめとした工事用資材向けに、小径木の大量消費を実践しております。(平成25年度は、約44,000本・2,300㎥の小径木を買い受け、製品に加工しております。)
  • 木材保存処理

    JIS A 9002方式による加圧注入を行っております。使用する防腐薬液は、新潟県内でほぼ90%以上の同処理薬剤指定を占める「AAC」です。(AACは、処理後に緑色に変色することのない、銅などの金属成分を含まない薬液で、このため最終的に木材が腐食した後も環境に負荷をかけないことから、自然界において優れた防腐薬液です。)

    村上市森林組合は、AQ優良木質建材認証工場(財団法人 日本住宅・木材技術センター認証)として、品質の優れた保存処理木材を提供しております。
  • メンテナンス

    現在、木材劣化診断士1名、木材保存士2名、製材格付士3名を配置し、製造技術と品質の向上は勿論のこと、公共空間における木製品の劣化、腐朽に伴う修繕作業や相談を請けております。(看板、公園のテーブル・ベンチ、東屋、木柵等、多種多様な補修・改修の要望に対応しております。)
    設計も含めた取り換え工事も行い、木製品の更なる活用を図って参ります。
村上市森林組合では、事業の広域化を進めております。従前の新潟県内及び隣県からの原木調達はもとより、これにあわせた製品販路の拡大を図り、上記のようなサービス提供をより多くの地域へ展開して参りたいと考えております。
これらの補助事業については、組合員の皆様が個人で作業を行うことも可能です。ご自分で山の手入れをしたいという方については当部門で支援させていただきますのでいつでもお問い合わせください。|村上市森林組合|〒959-3907 新潟県村上市府屋121番地2|TEL/0254-77-3121