職員日記

高地沢林道専用道現地検討会

投稿日:

10月31日(水)に東蒲原郡阿賀町の高地沢林業専用道にて、下越森林管理署主催で現地検討会が行われました。

今回の高地沢林業専用道には、当組合木材加工課から丸太伏工、丸太型枠、丸太階段工の資材を納品させていただきました。

上の写真が丸太伏工です。丸太伏工の施工目的は切土法面の保護です。今回の高地沢林業専用道の地質は特にもろい地質だったこともあり、丸太伏工の効果が十分に発揮されていることが確認できました。また、木材を利用することで景観も自然と調和して美観が保たれる効果もあります。

次の写真は丸太階段工です。階段周りに丸太伏工を施すことで景観がよくなっています。こちらはもともとの仕様にはなかったものを請負業者の(株)巴山組さまが独自で施工したとのことで、巴山組さまの工夫が光る箇所となっていました。

今回の現地検討会を通して、今後の林業のますますの発展のためには高地沢林業専用道のような路網の充実と人材確保が重要だということを改めて認識することができました。

またその際、林道の低コスト化、施工の効率化の観点から土木分野で木材を利用する重要性を再確認できました。

全体を通して有意義な現地検討会となりました。

木材加工課 東海林

 

-職員日記

Copyright© 村上市森林組合 , 2018 All Rights Reserved.